Exchange Web Mail Loggerのサポート情報SUPPORT

Exchange Web Mail Logger製品についてのサポート情報です。

バージョン情報 / サポート情報

バージョン情報

2018年4月25日現在の最新バージョンは次のようになります。

システムバージョン ベースエディッション 1.0.5.1
マルチサーバーエディッション 1.0.5.1
ドキュメントバージョン ExchangeWebMailLogger導入・設定手順書 1.0.5.1-a
対象のExchange Server Exchange Server 2016 CU6, CU7, CU8, CU9

サポート情報

2018年4月25日
バージョンの更新
Exchange Web Mail LoggerのバージョンをVer1.0.5.1へ更新しました。主な更新内容は次の通りです。
・参照ログ記録時の不具合の修正
・一部の情報が取得出来ない場合の記録不具合を修正
新しいバージョンにつきましてはパートナー各社又は弊社より入手してください。
2018年4月20日
バージョンの更新
Exchange Web Mail LoggerのバージョンをVer1.0.4.1へ更新しました。主な更新内容は次の通りです。
・処理毎に最大処理数の設定を追加
・メモリパフォーマンスに関する修正
・処理内容(数、時間)の記録に対応
・ドキュメント(管理者向け導入/設定手順書)の修正
新しいバージョンにつきましてはパートナー各社又は弊社より入手してください。
2018年4月1日
バージョンの更新
Exchange Web Mail LoggerのバージョンをVer1.0.3.1へ更新しました。主な更新内容は次の通りです。
・CU9への対応
・メール削除時の記録に対応(一部、オプション)
・ディスクパフォーマンスに関する修正
・各ログファイルに説明を追加
・サービス起動時のタイムアウトの修正
・ドキュメント(管理者向け導入/設定手順書)の修正
新しいバージョンにつきましてはパートナー各社又は弊社より入手してください。
2018年1月8日
バージョンの更新
Exchange Web Mail LoggerのバージョンをVer1.0.2.1へ更新しました。主な更新内容は次の通りです。
・CU8への対応
・ログ記録項目の不具合の修正
・ドキュメント(管理者向け導入/設定手順書)の修正
新しいバージョンにつきましてはパートナー各社又は弊社より入手してください。
2017年11月6日
バージョンの更新
Exchange Web Mail LoggerのバージョンをVer1.0.2.0へ更新しました。主な更新内容は次の通りです。
・マルチサーバエディッションの設定不具合の修正
・動作中の他サーバーアクセス不可時の対応内容の修正
・サービスのイベントログ種類の追加
・必須フレームワークを.NET 4.6.2に変更
・サービスのセットアップ不具合の修正
・予定表操作への対応項目を追加
新しいバージョンにつきましてはパートナー各社又は弊社より入手してください。
2017年9月25日
CU7環境での動作確認
Exchange Web Mail Loggerの対象バージョンにつきまして更新のお知らせです。
9月中旬に公開されたExchange Server 2016のCU7(累積更新プログラム7)での動作確認を行いました結果、Exchange Serverの仕様の一部に変更があった為、ログシステムのバージョンを更新しました。[Ver1.0.1.0]
この更新により9/25現在、EWMLの対応バージョンはExchange Server 2016のCU6、CU7の入っている環境になります。
2017年7月18日
CU6環境での動作確認
Exchange Web Mail Loggerの対象バージョンにつきまして更新のお知らせです。
6月下旬に公開されたExchange Server 2016のCU6(累積更新プログラム6)での動作確認を完了しました。
7/18現在、EWMLの対応バージョンはExchange Server 2016のCU5、CU6の入っている環境になります。